2007年08月20日

トラウマ 心療内科

あなたには、

克服したいトラウマが

ありますか??



はい


いいえ



***

「本当に魔法みたい!心療内科に通った

あの2年間は何だったのでしょうか!」





私は祖父への恐怖心が消えず、心療内科に2年間通ってやっと半減したところでした。

私が新田先生にカウンセリングをお願いしたのは、もともと仕事で営業するときの恐怖心を取り除きたかったことが動機だったのですが、残っている恐怖心も取れるなら無くしたいということで試してみました。

半年でよくなったとしてもすごいですよね?

1週間なら驚異的です。

ところが1時間どこか30分もかからないのです。

ここまで言うと嘘に聞こえるかもしれません。

私だって信じられませんでしたよ。でも、事実なんです。

何と10分足らずで今までの恐怖症が改善されてしまったのです!
恐怖が消えたんですよ!ビックリです!こうなるともう奇跡!のレベルです!

本当に魔法みたい!心療内科に通ったあの2年間は何だったのでしょうか!

>トラウマ・恐怖症の克服法の詳細を読む
posted by トラウマ克服 at 21:00 | TrackBack(0) | トラウマ解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラウマ克服は簡単です

あなたは、

トラウマを克服したいですか??



はい


いいえ



***


伝統的な心理カウンセリングには限界がある!


実は、私もこの治療テクニックに出会うまでには、心理カウンセラーとして
トラウマに代表される不安障害に関しては相当な苦労と失敗を重ねてきました。

実際の話、伝統的な心理カウンセリングの手法では、
ほとんどのクライアントさんを救うことができませんでした。

いくらセッションを重ねても、クライアントさんと仲良くはなれますが、
肝心な感情の問題は何一つ改善しないのです。
治らないケースが続いていき、私はすっかり自信を無くしてしまいました。


何年もかけて心理テストや精神分析をしたところで、薬を処方したところで、
亀のようなスピードで少しずつジワジワと改善するのが精一杯。

少し間違うとまた元に戻ってしまったり、あるいは悪化してしまったり・・・

というのがトラウマに代表される、精神疾患の治療現場の実態なのです。




「その通りだ!病名を診断されて薬をもらうだけで

 根本的には何も解決しない!」





「高額な治療費を支払い続けているけれど、

過去の辛い経験を延々としゃべらされるだけだ!」





「恐怖に慣れていくしかないと言われても、

怖いものは怖いのだからどうしようもない!

私の気持ちをわかってくれていない!」




こんな風に思われている方も多いのではないでしょうか?

そのお気持ちはとてもよくわかります。

「トラウマの治療は本人を恐怖に直面させ、慣れさせていくしか解決法はない」

これが一般的な医療機関での常識となっているのです。

しかし、治療する側、治療される側の双方が辛い思いをするこのような治療法で
トラウマが完全に治った話など、私は今まで聞いたことがありません!





医療機関で治らない人が次に目を向けるのが、
催眠療法・自律訓練法・プラスの言葉での自己暗示などです。

確かにこれらの方法はまだ効果があります。

しかし、やはり即効性に欠けますので毎日続けなければなりませんし、
効果がなかなか現れない人は途中で挫折してしまう場合が多いのです。
それに一度はよくなっても、また再発しやすいという問題があります。




私はプロの心理カウンセラーとして、

「もっと効率がよい治療テクニックはないものか?」

「誰でも簡単にできて即効性のある方法が必ずどこかにあるはずだ!」

そう思って、必死になって調べまわりました。



そ し て・・・













遂に苦労の末、

理想の治療テクニック「●●●●」

にたどり着いたのです!!!





おかげさまで今では、

どんなトラウマで、何年苦しんでいようが一切関係なく、
ほんの5〜20分ぐらいのセッションだけで
簡単にトラウマを改善してあげられるようになりました!



私のクライアントさんの実例の一部を挙げてみます。



  恐喝された恐怖・・・平気になるまで8分!完全に消えるまで20分!




  スピーチ恐怖症・・・楽になるまで10分!完全に消えるまで25分!




  3年間の恨み・・・許せるまで5分!




  過去のトラウマ・・・消えるまで10分!




  閉所恐怖症・・・楽になるまで6分!




  対人恐怖症(上司が怖い)・・・楽になるまで8分!





いかがですか?

驚異的な速さでトラウマが改善されています!


信じられないかもしれませんが、

これは紛れも無い事実です!


>続きを読む
posted by トラウマ克服 at 19:00 | TrackBack(0) | トラウマ解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

トラウマ・恐怖症を治療する

あなたには、

克服したいトラウマや恐怖症が

ありますか??



はい


いいえ



***


そもそも恐怖症とはどういうものなのか?


恐怖症(きょうふしょう)とは、ある特定の物や状況に対してのみ、
他人には不可解な理由から、極度の不安を抱くという障害で、精神疾患の一種です。

それでは、ここで主だった恐怖症を挙げてみましょう。

・対人 恐怖症
・視線 恐怖症
・閉所 恐怖症
・男性 恐怖症
・先端 恐怖症
・嘔吐 恐怖症
・女性 恐怖症
・高所 恐怖症
・飛行機 恐怖症
・醜形 恐怖症
・脇見 恐怖症
・歯科 恐怖症
・社会 恐怖症
・おなら 恐怖症
・電話 恐怖症
・腹鳴 恐怖症
・不潔 恐怖症
・赤面 恐怖症
・雷 恐怖症
・会食 恐怖症
・広場 恐怖症
・ピエロ 恐怖症
・暗所 恐怖症
・乗物 恐怖症
・音 恐怖症
・自己臭 恐怖症
・血液 恐怖症
・がん 恐怖症
・注射 恐怖症
・狭所 恐怖症





あなたがお悩みの恐怖症はこの中にあったでしょうか???

人間が恐怖の対象とするものはすべて恐怖症になりうるので、
恐怖症の種類は無限にあるといってもいいでしょう。


実は、私がクライアントさんに日々実践してもらっている治療法においては、

恐怖とする対象が何であろうが、
今まで何年苦しんでいようが、一切関係ありません!


な ぜ な ら・・・







どんな種類の恐怖症であれ、

即効で改善することが可能だからです!





>続きを読む
posted by トラウマ克服 at 22:21 | TrackBack(0) | トラウマ治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラウマを消したい



トラウマを克服したいと

思いますか??



はい


いいえ



***

Aさん 「私は心療内科に5年ほど通っており、
      対人恐怖症と診断されています。
      先生にはこればっかりは薬で治せないものなので、
      自分で慣れていくしかないと言われています。」


 わたし 「確かに薬で恐怖症を克服することは難しいと思います。
      今、どのような生活をされていますか?」


 Aさん 「正直言って生活はかなり苦しいです。
      少しでも働かなければと思って就職活動を繰り返してきましたが、
      周りの視線が怖くて長続きすることができないのです。

      最近も新しい仕事を始めたばかりなのに何度も休んでしまいます。
      朝、起きると『人と話すのが怖い、行きたくない』と考え込んでしまって
      結局、休んでしまうのです。」


 わたし 「それは大変なご苦労ですね・・・
      でも、大丈夫です!必ずよくなりますので前向きにいきましょう!
      これからあなたはどうなりたいですか?」


 Aさん 「対人恐怖症を克服して、普通に働けるようになりたいです。
      新しい人生をスタートさせて幸せになりたいです。」


 わたし 「恐怖症を克服するために、
      病院へ行くこと以外にはどんなことをしていますか?」


 Aさん 「紙に書くとよいと聞いたので、
      自分なりに仕事に行ける方法を考えては
      紙に書いて整理しています。
     
      書いた後は気持ちがスッキリして
      『ヨシ!明日は行くぞ!』という気持ちになるのですが、
      翌日の朝になると不安感がドッと襲って来ていけなくなるのです・・・ 」


 わたし 「だいたいの状況は分かりました。
      きっとあなたの力になれると思います。
      ほんの5分〜20分ほどで
      嘘みたいに恐怖症が改善されますのでご安心ください。」


 Aさん 「えっ!?そんなに簡単に治ってしまう方法があるんですか???」


>続きを読む
posted by トラウマ克服 at 22:13 | TrackBack(0) | トラウマ克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トラウマとは

トラウマ(心的外傷)とは、
外的内的要因による衝撃的な肉体的、精神的ショックを受けた事で、
長い間心の傷となってしまうことを指す。
外傷体験(traumatic experience)ともいう。
これが精神に異常な状態を引き起こすと心的外傷後ストレス障害となる。
心的外傷は脳神経系への非可逆的ダメージであるので、強姦など心的外傷を伴う犯罪は、一般の傷害罪よりも重罪であるという考えが特に海外では増えてきている。

トラウマ克服法
タグ:トラウマ
posted by トラウマ克服 at 21:52 | TrackBack(0) | トラウマ克服 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。